がん免疫療法とは

免疫療法を
新たながん治療の選択肢に
がんを狙い撃つ
テラの樹状細胞ワクチン療法

がんと免疫の関係

がん細胞は健康な人の体内でも毎日約5,000~6,000個も発生していると言われています。それでもすべての人ががんにならないのは、免疫の力でがん細胞をやっつけているからです。この免疫の力が弱まると、がん細胞が増えるのを抑えられず、がんになるのです。

免疫の力を強化し、がんへの攻撃力を強めてがんをやっつけるのが「がん免疫療法」です。
テラでは、がん免疫療法のひとつである樹状細胞ワクチン療法を提供しています。

免疫力を活かしてがんと闘う「免疫療法」

現在、一般的に行われているがん治療は、外科治療(手術)、化学療法(分子標的薬を含む抗がん剤治療)、放射線治療の3つで、これらを総称して三大がん治療といわれています。この三大がん治療に加えて、近年“第4のがん治療”として注目されているのが免疫療法です。

三大がん治療は、外部からの力(手術・抗がん剤・放射線)を借りてがんを治療するのに対し、免疫療法は本来体が持っている免疫力(免疫細胞)を活かしてがんと闘います。免疫療法は、他の治療ほどの即効性はない場合もありますが、がんと闘う働きが長時間持続することを特徴とします。これが免疫療法の利点です。免疫療法は、自分自身の持つ免疫力を使った治療なので、体力があり免疫の働きも衰えていない病気の早い段階で使うと、より免疫療法の特徴が活かされます。
また、手術・抗がん剤・放射線といった従来の治療と組み合わせて同時に行うこともできます。

がん免疫療法の進歩:ブレーキの解除やアクセル機能の増強が可能に

初期に開発された免疫療法(活性化リンパ球療法、ナチュラルキラー細胞療法など)は、体全体の免疫を高めるような仕組みでした。これらは、「非特異的がん免疫療法」と呼ばれます。

1990年代に入り、がん免疫療法は、がん細胞を狙って攻撃する「特異的がん免疫療法」へと進化しました(下図)。

  免疫力を増強 免疫抑制を解除
特異的 非特異的  
細胞を使用 樹状細胞ワクチン療法 活性化リンパ球療法
(LAK療法、CAT療法)
NK細胞療法
細菌、
サイトカイン、
ペプチド、
抗体等を使用
抗体製剤 免疫賦活剤/BRM療法 免疫チェックポイント阻害剤
ペプチドワクチン療法 サイトカイン療法

がん免疫療法が飛躍的に進歩を遂げてきた要因は2つあります。
1つは免疫応答を抑制する分子の働きについて一部が解明されたこと、もう1つはがん細胞に対する免疫応答を高める免疫細胞の発見です。

前者は抗PD-1抗体薬、抗PD-L1抗体薬などに代表される免疫チェックポイント阻害剤で、一部はすでに日本でも承認されがん治療に使われています。これらは直接がん細胞を攻撃するのではなく、がん細胞を攻撃するTリンパ球にブレーキをかける分子の働きを阻害することで、がん細胞に対するリンパ球本来の攻撃性を取り戻させるというメカニズムで抗腫瘍効果を発揮します。

一方、免疫のアクセル機能を高めてがんに対する攻撃力を強める代表的なものとして、テラが技術・ノウハウを提供する樹状細胞ワクチン療法があります。これは、生体内で、樹状細胞ががんの目印を取り込んで、それをリンパ球に伝えてがんを狙って攻撃させる免疫システムを利用したものです。

テラは、樹状細胞ワクチン療法を中心としたがん免疫療法の研究開発に取り組んでいます。

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ