プレスリリース

2017.02.16 テラファーマ、神奈川県が整備する再生・細胞医療の産業化拠点内に治験製品製造施設を3月オープン

当社連結子会社であるテラファーマ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表:宮澤準一、以下「テラファーマ」)は、公立大学法人 和歌山県立医科大学(以下「和歌山県立医科大学」)が行う樹状細胞ワクチンTLP0-001の医師主導治験(以下「本治験」)につきまして、治験製品を製造するための施設をライフイノベーションセンター(神奈川県川崎市)に設置したことをお知らせいたします。
本施設の最大の特徴は、ロボット化及び自動化、並びにIoT化を計画している点にあり、これによって、細胞製品の製造コストが抑えられ、面積当たりの製造数も飛躍的に向上します。テラファーマは本施設において、樹状細胞ワクチンの製造を行う計画です。

ライフイノベーションセンターは、神奈川県が整備した再生・細胞医療の実用化・産業化拠点です。グローバルイノベーション拠点として機能発揮することを目指し、国や業界団体、海外機関等とも緊密に連携しています。本センターには再生・細胞医療に関する研究開発企業が集結しており、テラファーマの治験製品製造を始め、再生医療等製品の開発を推進する上で最適な環境であると考えております。
また、陸路、空路ともにアクセスが良好であることから、本治験が進められ治験実施医療機関が全国に拡大する際に、治験製品の製造・搬送システムの構築等において大きなメリットがあると考えています。

テラファーマは、一日でも早く患者様に樹状細胞ワクチンをお届けできるよう、平成 34 年内の薬事承認申請を目指します。

【治験製品製造施設の概要】
・名称:テラファーマ株式会社 殿町細胞培養施設(仮称)
・所在地:神奈川県川崎市川崎区殿町三丁目25番22 ライフイノベーションセンター
・主な生産品:樹状細胞ワクチン等
・生産能力:185例分の培養/1ヶ月あたり
・稼動開始:平成29年3月(予定)

【完成予想図】

画像

 

(ご参考)

製造施設のイメージ動画

https://youtu.be/IeFgSQpZi1M

ライフイノベーションセンターの概要

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531405/p1044967.html

PDFはこちら

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ