治療の流れ

樹状細胞ワクチン療法の基本的な治療の流れ
(医療機関における流れ)

Step1 医療相談

樹状細胞ワクチン療法について医師が詳しく説明します。

Step2 治療前の検査

樹状細胞ワクチン療法が受けられるかどうか、血液検査などを実施します。血液検査は、約1週間かかります。

Step3 アフェレーシス

樹状細胞のもととなる、白血球の一部である単球という細胞を大量に取り出すために、採血を行います。成分採血という方法で行います。

Step4 樹状細胞ワクチンの作製

アフェレーシスで取り出した単球は医療機関の細胞培養施設で培養されます。単球を樹状細胞に培養し、人工的に作ったがんの目印や患者さんのがん組織を与えることで、がんの目印を手に入れた、一人前の活性化した樹状細胞を作製します。
樹状細胞ワクチンを作るには、品質検査を含め約3週間かかります。

Step5 樹状細胞ワクチンの注射

基本的に樹状細胞ワクチンを2週間に1回のペースで注射します。
5~7回の注射が1セットとなり、1セットの治療期間は約3~4ヶ月です。

Step6 治療効果の評価

1セットの治療終了後に、血液検査、画像検査などを行い、治療の効果を評価します。それらを元に、今後の治療の方針を患者さんと相談します。

保険外診療

樹状細胞ワクチン療法は保険外診療のため、治療費は全額自己負担となります。

WEBからのお問合わせ・資料請求はこちら

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ