臨床研究と学術論文

テラでは、樹状細胞ワクチン療法の一層の効果の検証を行うために大学病院等と共同で臨床研究を実施しています。

(共同研究契約締結順)

共同臨床研究先 試験名
医療法人社団医創会
セレンクリニック東京
悪性腫瘍患者に対するヘルパーエピトープを含むロングペプチドパルス樹状細胞ワクチン療法の安全性試験(UMIN000014435)
北里研究所病院 肝細胞癌に対する人工抗原タンパク質GPC3/AFP/MAGE1を用いた樹状細胞ワクチン療法の第I相臨床試験(UMIN000011854)
長崎大学病院 治癒切除後の膵臓癌および胆道癌に対するWT1およびMUC1ペプチドパルス樹状細胞ワクチン療法に関する臨床試験(UMIN000010388)
慶應義塾大学 進行・再発食道癌に対するドセタキセル併用WT1ペプチドパルス樹状細胞ワクチン療法の第Ⅰ相試験(UMIN000006704)
進行期悪性黒色腫に対するカルボプラチン・パクリタキセル併用ペプチドパルス樹状細胞ワクチン療法の第I/II相臨床試験 (DC7) (UMIN000006629)
進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1ペプチドパルス樹状細胞ワクチン療法の第I相試験(UMIN000004855)
東京慈恵会医科大学 進行膵癌及び胆道癌に対する塩酸ゲムシタビン併用WT1ペプチドパルス樹状細胞療法第I相臨床試験 (UMIN000004063)

※終了した臨床研究も含む

専門の学会誌に掲載されたテラの樹状細胞ワクチン療法の論文

掲載
年月
掲載誌名 参加施設 概要
2015年
10月
『World Journal of Gastroenterology』 東京慈恵会医科大学 進行膵臓がんに対する樹状細胞ワクチン療法と抗がん剤の併用における予後予測因子の検討
2015年
3月
『Cancer Science』 慶應義塾大学 進行膵臓がんに対するWT1ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法の完遂性と免疫反応の評価
2015年
1月
『ANTICANCER RESEARCH』 東京慈恵会医科大学 進行膵臓がんに対する樹状細胞ワクチン療法と抗がん剤の併用における予後予測因子の検討
2014年
12月
『World Journal of Surgical Oncology』 セレンクリニック名古屋 局所再発胃がんに対する局所樹状細胞ワクチン療法の治療効果:症例報告
2014年
7月
『Clinical Cancer Research』 東京慈恵会医科大学 進行膵臓がんに対するWT1クラスⅠ及びクラスⅡペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法の安全性及び有効性の評価
2014年
5月
『Journal of Ovarian Research』 セレンクリニックグループ
(東京・名古屋)
再発卵巣がんに対する樹状細胞ワクチン療法の臨床効果とフィージビリティスタディ
2014年
4月
『Cancer Immunology, Immunotherapy』 信州大学医学部附属病院
長崎大学病院
セレンクリニックグループ
化学療法を併用した切除不能な膵臓がんに対する樹状細胞ワクチン療法の上乗せ延命効果:多施設共同研究
2013年
7月
『Journal of Gastrointestinal Surgery』 セレンクリニックグループ
(東京・名古屋・神戸・福岡)
切除不能な進行・再発胆道がんに対する樹状細胞ワクチン療法の有用性と予後因子の検討
2012年
12月
『European Journal of Cancer』 セレンクリニック東京 進行性非小細胞肺がんに対するWT1を用いた樹状細胞ワクチン療法の有用性と予後因子の検討
2011年
7月
『Pancreas』 セレンクリニック東京 進行膵臓がんに対する抗がん剤を併用した樹状細胞ワクチン療法に関する臨床成績および免疫学的解析結果について
WEBからのお問合わせ・資料請求はこちら

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ