【進化するがん個別化医療】ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法とは

ネオアンチゲンとは?

従来の樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞にがんの目印(WT1などの腫瘍関連抗原)を認識させ、その樹状細胞をがん患者に接種することによって、がん細胞の目印を狙って攻撃を行うTリンパ球を活性化・増殖させるがん免疫療法です。これをさらに進化させた新たな技術「ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法」の研究開発が始まります。

ネオアンチゲン(neoantigen)は新生抗原、新規抗原、腫瘍特異的変異抗原などとも呼ばれ、がん細胞独自の遺伝子変異に伴って新たに生まれた変異抗原のことです。ネオアンチゲンは正常な細胞には発現しておらず、がん細胞だけにみられます。また、ネオアンチゲンはひとりひとりのがんで違っています。ネオアンチゲンが多いがんは免疫反応を引き起こすポテンシャル(免疫原性)が高く、免疫チェックポイント阻害剤などのがん免疫療法と好相性であることが、これまでの研究で示唆されています。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法では、従来の腫瘍関連抗原の代わりにネオアンチゲンを樹状細胞にがんの目印として覚えこませ、がんに対する免疫応答を引き出します。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法のメリット

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法には、従来法と比較して、次のようなメリットがあると考えられています。

がん細胞だけが攻撃対象となる

これまでの樹状細胞ワクチン療法で使われてきた腫瘍関連抗原は、がん細胞に多く発現しているものの、正常細胞にもわずかながら発現している抗原(共通自己抗原)でした。これに対して、ネオアンチゲンはがん細胞にしかみられません。すなわち、ネオアンチゲンを樹状細胞に認識させたときには、ネオアンチゲンを発現するがん細胞に対する免疫だけが引き起こされます。したがって、免疫機構が正常細胞を攻撃する可能性が共通自己抗原を使用したときよりも低くなり、安全性が高まると予想されます。

2.より多くのがんに対応できる

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法では、個々の患者さんのがん細胞で生じた遺伝子変異情報と患者さん自身のHLAタイプ情報から、樹状細胞ワクチン療法に利用できるネオアンチゲンを特定します。特定の腫瘍関連抗原を使う従来の方法では、その抗原を発現していないがんの患者さんに対応することができませんでした。テラの樹状細胞ワクチン療法で使用されているWT1という腫瘍関連抗原は、ほとんどのがんで高頻度に発現していますが、それでもがんの100%はカバーしていませんでした。ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法では、個々の患者さんのがん細胞の遺伝子異常をターゲットとするので、従来法をさらに上回る広範囲の患者さん(ほぼ全ての患者さん)をカバーできると考えられます。

進化するがん個別化医療

次世代シークエンサーの登場によりゲノム解析技術が飛躍的に進歩し、がん細胞の遺伝子やがんを取り巻く免疫システムについても解明が進みました。ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法は、こうした叡智の結晶です。ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法は、個々の患者さんのがん細胞の遺伝子異常を利用して患者さんごとにオーダーメードで提供されるもので、「究極の個別化医療」になると期待されています。

WEBからのお問合わせ・資料請求はこちら

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ