医療機関向けサポート

培養ノウハウを熟知した技術者集団がサポートします

テラの強みは、樹状細胞などの治療用の細胞を高品質で安定的に培養する技術力の高さにあります。

テラの樹状細胞ワクチン療法は、東京大学医科学研究所で開発された技術をもとにしており、さらにテラ独自の厳格なSOP(標準手順書)をもとに、教育訓練された培養技術者が細胞培養を行っています。全国の医療機関で高品質の樹状細胞ワクチンが安定的に作製できるよう、常に培養技術の改良や培養業務の運用について検討を重ねています。細胞培養施設は治験薬GMP基準に沿った施設管理の導入を進めており、培養ノウハウを熟知した技術者たちが医療機関をバックアップしています。

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ