創業ストーリー

はじめに

私が事業を興すことを決意してから、今日に至るまで様々なドラマがありました。
そして、この先も、私たちの医療の『コレカラ』に対する想いが、さらに大きなドラマを生み出していくと信じています。

このストーリーは、テラが誕生するに至った経緯と、テラの現在までの道のりの一部を紹介するにすぎませんが、皆様に当社や私の会社に対する想いを知って頂くきっかけとなれば幸いです。

1. 外科医時代 ~閉じ込めていた想い~

私は、テラを創業する前、3年間、大学病院で外科医として仕事をしてきました。
なぜ最初の職業として医師を選択したのか、しばしば聞かれることがありますが、実は、明確な理由はありませんでした。歴代続く開業医の家に生まれ育った私にとって、医者になるのは自然なことだったのです。

外科医としてスタートをきってからは、ひたすら仕事に打ち込んできました。休日は年に数える程度でしたが、苦しいとか辛いとか思ったことは1度もありませんでした。

外科医をしている間、休むことなくがん患者と向き合い続けましたが、常にある出来事が頭の片隅にありました。それは、学生時代に、叔父と叔母を立て続けにがんで亡くしたことです。二人ともまだ50 才前後の若さでした。

「自分はこのまま外科医を続けて、あと何人の患者の命を救えるのだろう?」

医師として一人ひとりの患者と向き合うのは、やりがいのある大切な仕事だ。一方、自分だからこそ実現できる患者への貢献の仕方もあるのではないか?

外科医の仕事に打ち込む一方で、叔父と叔母を亡くしたことをきっかけに芽生えていた疑問が心の中で徐々に大きくなり、自分はどのように生きていきたいか、真剣に向き合う日々が続きました。
その中で、10 代の頃からおぼろげに心に浮かびながらも、外科医としての多忙さを理由にずっと心の奥底に閉じ込めていた、ある想いが再び頭をもたげてきました。
「事業をやりたい。自分の力で価値を生み出したい。」
一医師としてではなく、事業を興すということによって、より広い世界で、より多くの人の役に立ちたい。
これまで流れに委ねて選んだ道を一生懸命走ってきましたが、この想いを心に閉じ込めきれず事業を興すと決めた時、初めて私は、自分の意思で人生の方向を決めたのです。

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ