お知らせ

2019.08.23 医療法人社団医創会からの延滞債権回収の見込みについて

当社は、2018年12月12日付「主要取引先との取引停止に関するお知らせ」において公表しましたとおり、医療法人社団医創会(以下「医創会」という。)とサービス提供契約及び転貸借契約を締結し、当社のがん免疫療法に関する技術・ノウハウの提供等及びクリニック建物の転貸を行っていたものの、長期にわたる継続的対価及び転貸料の不払が発生しており支払の目途も立たないことから、契約違反を理由に取引を停止しておりました。
しかしながら、この度、当社と医創会とは、本債権の弁済計画について合意に至りました。本債権は、2019年8月13日付公表の「2019年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」において、破産更生債権等として313百万円を計上しておりましたが、210百万円を回収できる見込みとなり、本債権の残り103百万円につきましては、取立て不能となりました。これに伴い、今後の取引再開に向け、過去の契約内容の見直しを含めた協議を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

詳細については、以下PDFをご参照ください 医療法人社団医創会からの延滞債権回収の見込みについて

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ