お知らせ

2018.12.26 膵臓がんに対する樹状細胞ワクチン(TLP0-001)の医師主導治験、多施設共同研究に展開し有効性検証へ(経過情報)

当社連結子会社であるテラファーマ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表:前川隆司、以下「テラファーマ」)は、平成28年12月7日に公立大学法人和歌山県立医科大学(以下「和歌山県立医科大学」)と医師主導治験(以下「本治験」)の実施に係る契約を締結しており、この契約に基づいて、和歌山県立医科大学では膵臓がんに対する日本で初めての樹状細胞ワクチン(TLP0-001)の医師主導治験が進行中です。この度、中間解析にてTLP0-001の安全性が確認され、本治験が、単一医療機関で安全性を確認する段階から複数の医療機関で有効性を検証する段階に移行することになりましたので、お知らせいたします。

※詳細につきましては、以下URLをご覧ください
膵臓がんに対する樹状細胞ワクチン(TLP0-001)の医師主導治験多施設共同研究に展開し有効性検証へ(経過情報)

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ