プレスリリース

2014.04.08 コージンバイオ株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

テラ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢﨑 雄一郎、以下「テラ」)は、2014年4月8日開催の取締役会において、下記のとおり、コージンバイオ株式会社(本社:埼玉県坂戸市、代表取締役社長:中村 孝人、以下「コージンバイオ」)と資本業務提携契約を締結することを決議しましたので、お知らせいたします。 記 1.資本業務提携の理由 テラは、がんワクチンの一つである樹状細胞ワクチン「バクセル®(Vaccell)」等の研究開発に取り組んでおります。「バクセル®」は、がんに対する免疫反応に最も有効とされる反応を強力に誘導することができ、テラが独占実施権を持つがん抗原「WT1ペプチド」等を組み合わせることでさらに高い効果が期待できる独自に改良を重ねた医療技術で、医療機関における累計症例数は約7,600例(2013年12月末現在)に達しています。 コージンバイオは、組織培養用培地のパイオニアであり、20年以上にわたる培地製造実績のもと、大学等研究機関や企業との共同研究を重ねております。この中で培った製品開発力、製造技術力により、この領域において、日本トップクラスの実績を有しています。 両社は現在、テラ独自の技術「バクセル®」における樹状細胞の培養に用いる培地等の共同開発において共同研究契約を締結しておりますが、両社の協業体制を強化し、国内及び海外への事業展開の推進を目指し、資本業務提携契約を締結することといたしました。 2.資本業務提携の概要 (1)業務提携の概要 テラは、テラの強みである東京大学医科学研究所の技術を基盤とした細胞培養技術・ノウハウと、コージンバイオの持つ豊富な培地製造技術を融合し、樹状細胞等の細胞培養をより効率的に行うための培地等の開発を加速してまいります。さらに、開発した培地等を活用し、国内及び海外での事業展開を目指してまいります。 (2)資本提携の概要 テラは、コージンバイオが第三者割当増資により発行する普通株式18,000株を引き受けます。なお、取得価額は180百万円、コージンバイオに対する所有割合は5.6%です。 3.資本提携の相手先の概要 (1)名称 コージンバイオ株式会社 (2)所在地 埼玉県坂戸市千代田5丁目1番地3 (3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 中村 孝人 (4)主な事業内容 微生物検査用培地の開発・製造・販売、組織培養用培地の開発・製造・販売等 (5)資本金 140百万円 (6)設立年月日 1981年4月20日 (7)大株主及び持株比率 中村 孝人 68.8% オリエンタル酵母工業株式会社 9.6% 和光純薬工業株式会社 5.0% 渡辺 恒美 4.3% ニプロ株式会社 2.9% (8)当社との関係 資本関係、人的関係、取引関係はありません。 (9)当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状況(単体) 決算期          2011年3月期   2012年3月期  2013年3月期 純資産(百万円)       193       306       445 総資産(百万円)       1,570      1,757      2,200 1株当たり純資産(円)    919.67      1,460.45    2,122.83 売上高(百万円)       1,729      2,029      2,492 営業利益(百万円)      88        201       323 経常利益(百万円)      81        281       317 当期純利益(百万円)     12        118       144 1株当たり当期純利益(円)  58.67       565.77     687.38 (注)コージンバイオは子会社等を保有しておりますが、連結決算を行っていないため単体数値のみ記載しております。 4.日程 (1)取締役会決議日:2014年4月8日 (2)資本業務提携契約締結日:2014年4月8日 (3)払込期日:2014年4月9日 5.今後の見通し 本件の当連結会計年度における業績への影響は軽微です

テラのFacebookを見る

テラのFacebookを見る

ページトップへ